トロフィーの大きさにこだわらない

大きければいいというものではない

スポーツの大会やコンテストなどで優秀な成績をとった人に贈られる記念の品は、一生の思い出に残るものです。一般的なものとしてはメダルや盾などがありますが、華やかな見た目から根強い人気を誇っているのがトロフィーだということをご存知でしたか。
トロフィーはその大会を象徴するものでもあるため、選び方には気を使うものです。少しでも見栄えをよくするために、できるだけ大きいものをと考えることもあるでしょう。しかし、受け取る側に立ってみるとどうでしょうか。学校などに保管場所が決まっている場合は問題ありませんが、個人の自宅に持ち帰るとなると話は変わってきます。特大サイズのトロフィーは、悩みの種になってしまうこともあるのです。受賞者に心から喜んでもらうためにも、トロフィーの大きさについては熟慮する必要があるでしょう。

工夫するだけで印象は変わる

しかし、小さいものは貧相に見えて相応しくない・・・というケースもあるでしょう。そのような時には、素材やデザインを変えるだけで問題を解決できることがあります。たとえば、最近人気なのがクリスタル素材のトロフィーです。現在は数多くのデザインが用意されており、それぞれのテーマに沿った品を選ぶことができます。小さいながらもきれいに輝くその様子は、決して従来の金や銀の特大トロフィーに劣らない存在感があります。また、土台部分を大理石に変えてみるだけでも、一気に高級感が増します。重厚感を演出したい場合には、最適の素材だといえるでしょう。この他にも、オーダーメイドでオリジナルのトロフィーを製作してもらうという方法もあります。

 

© Copyright Share The Happiness . All Rights Reserved